節約術①(初歩:大学時代に学んだこと)

その①大学時代に無駄遣いをしてきた経験から学んだこと

1.自炊する、お弁当をつくる

外食すると安くても1,000円はざらにかかります。

大学時代に、自炊・お弁当に変えると、1カ月でどのくらい食費が浮くのか、レシートを集めて比較的したことがありました。

結果、1カ月の食費が2万円近くマイナスになったのです。

もちろん、誘われたら友達とのご飯も普通に行きます。

外食が多いとお金がかかるということは、分かってはいましたが、

節約できた金額を具体的な数字で見ると、

ほんの少し面倒なくらいだから自炊するか

と言う気持ちになります。

なんたって、

2万円×1年(12カ月)=24万円

も自由に使えるお金が増えるのですから。

数を熟すと不思議なもので、

今では、料理もそれなりに好きになり面倒と思うことも減りました。

2.コンビニに頻繁に行かない

コンビニで買い物する時

レジで「あれ?こんな金額いく?」

って思ったことありませんか?

なんとも心惹かれる商品が多いのです!

このお菓子、これとコラボしてるの?

とか

このカップラーメン、あの有名店監修だ!

とか

気づくと商品を手に取ってレジまで運んだいる自分がいました。。。

私はスーパーに行くことが殆どなので、偶にコンビニで買い物をすると、少しドキッとします。

セブンプレミアムのアイスバーやカレーパンが大好きなので、

偶にそれ目的でコンビニに行くこともありますが、

「頻繁に」行くことは意識してやめています。

まさに、塵も積もれば山となる、です。

3.洋服やファッション小物は厳選した少数精鋭で

これは、ミニマリストを目指す過程で気づいたことです。

節約節約言っているくせに、箪笥の肥やしがいかに多いか。。。

少数精鋭のアイテム達を身につける毎日は

自分自身に高揚感と自信を与えてくれます。

そして満足度も高くなるため、物足りなさを感じることも格段に減り、結果、無駄な買い物の減っていきました。

「安物買いの銭失い」状態を脱することができたのです。

モノの減らし方は、別の記事で書いているので、是非こちらも↓

https://banyantree1222gajumaru.com/2023/07/02/ミニマムリッチへの道〜私流もったいない精神x/

4.ストレスが溜まらないように適度に遊ぶ

ストレスが溜まって暴飲暴食に走り、

ストレス太りするって聞きませんか?

ストレス発散で爆買いする

って聞きませんか?

ある程度のストレス(緊張感)は自己成長のために必須です。

しかし、溜めすぎは良くありません。

いつかキャパオーバーになった時に

極端な行動(衝動買いなど)に走ってしまうものです。

痛い目をみるのは自分自身です。

ストレスはほどほどに。

5.お金があまりかからない好きなことを見つける

今日やることないな、、、って時に、

何となく軽くショッピングにでも行くか!

と思い立ち、

帰宅してみると、両手に沢山の紙袋!

なんて経験ありませんか?

実際、私は大学時代にたくさん経験しました。

何となくIKEAに行ったら、あのブルーの大きなIKEAバックを購入して、そのIKEAバックパンパンで電車に乗ってる、なんてことも。

無駄遣いを沢山して、大学時代に辿り着いた

お金のかからない余暇の過ごし方が、

・古本屋に行く

・本を読む

・映画を観る

・リスニングしながら散歩する

・凝った料理やお菓子作り

などなど。

ちなみに、この「古本屋に行く」で

私の人生を変えるきっかけと言ってもいい

「シンプルに生きる/ドミニク・ホーロー」の書籍と出会いました。

人生を変える映画に出逢うかも。

散歩でいつもの道に何か新しいものを発見できるかも。

ダイエットレシピ再現にハマって、健康的に痩せられるかも。

 

次回は後半5つのお金を貯めるコツをご紹介します。


Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です